酵素シロップとは?

酵素シロップとは、フルーツやハーブを自然にある発酵菌や常在菌で発酵させてできた、熱を加えていない酵素がたっぷり入ったシロップ。

生きていくためになくてはならない酵素を食物から補い健康を維持する。今アメリカや日本でもコールドプレスジュースやスムージー、KOMBUCHA(コンブチャ)などの酵素が入ったドリンクが話題になっています。

酵素シロップは「発酵」という日本で生み出された技術や考え方を使って生まれた発酵食品のひとつです。このすばらしい知恵がつまった「発酵シロップ」を、若い世代にも抵抗なく取り入れていただくため、見た目や味にこだわって作られたのが「酵素シロップ」です。

「酵素」とは?

近年になってよく取り上げられるようになった栄養素のひとつである「酵素」。発酵食品やローフードが話題になっているのも、酵素と関係しています。酵素は生きたものに存在しますから、生野菜や果物や発酵食品、熱を加えずに作られたローフードにも入っています。

もちろん人間や動物の体内にも存在します。人間の体内には約3000種類もの酵素があるといわれており、その酵素たちの働きは、消化吸収(消化酵素)、細胞の形成や運動、免疫力のアップやホルモンバランスの調整などの生命維持活動(代謝酵素)の働きをする、主に2種類あります。私たち人間にはなくてはならない栄養素なのですが、体内の酵素は消耗品で、なくなると寿命がつきるといわれています。逆に元気なのは体内に酵素がたくさんある証拠です。生きていくためになくてはならない大切なものなのです。

『手づくり酵素シロップ』(文化出版局)より

 

FERMENTED "RAW"
FRUIT SYRUP?

"Raw" syrup or  "koso" syrup in Japanese, is a delicious handmade approach to introducing raw enzymes into your current health and beauty rituals.  This rich syrup follows a natural fermentation process, extracting enzymes from seasonal fruits & vegetables, flowers and spices.   This natural-occuring process of unheated fermentation between the fruit, sugar and its environment is converted to organic microorganisms (a.k.a. the good bacteria), resulting in a raw and very-much alive enzyme syrup.  

Taking the enzymes from fruits is a way to maintain a healthy body, and as of the last few years the U.S. and Japan have adopted the "koso"  enzymes in the KOMBUCHA drinks, as well as cold-pressed juices and smoothies.  

Taking its origin from Japanese fermentation ("hakkou" in Japanese) culture and techniques, the traditional syrup  has been adapted to a modern audience and is now known as "Koso Syrup" to many in Japan.